スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-tokkyoって何者?

J-tokkyo
みなさんはJ-tokkyoというサイトをご存知だろうか。
ちょっと専門的な単語で検索するとトップに表示される。
しかし、特許が検索できるだけで、その特許を売り込むわけでもない。
何を目的としたサイトか謎なのだ。

しかも、特許を見たいだけなら特許庁の電子図書館を使えば良い。
しかし、特許庁のサイトは検索が専門的で難しい。
それに比べてJ-tokkyoは検索などが直感的にできて楽なのだ。

さらに、特許は出典を示せば公開が自由だ。
よく考えたものである。

結論から言えばGoogleアドワーズがはってあるのでその収入を目的にあるのだろう。
しかし、謎は消えない。
いったい、このサイトは誰が運営しているのかという事だ。

お問い合わせをクリックしても出てくるのはGmailのアドレス。
本サイトについてにはなぜか「連絡メールはできれば英文で」とある。
しかし、サイトの更新は日本語でされている。

謎は深まるばかり。

このJ-tokkyoの謎についてさらに調べたが
それはいずれ、またの機会に。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。